身体のケアにNLPを活用する

Posted by serufu | テクニック | 金曜日 21 12月 2012 22:22



身体を使う職業の方は、身体感覚が磨かれています。


NLPプラクティショナーでは、人間の五感にも触れています。
実は、感覚を磨くことで、今まで以上に結果を出すことや、
生きることがスムーズになります。


例えば、あなたが身体を使う職業やスポーツ選手だとしたら、
まずは、身体のコンディションを整えて、ケアをするのが、
結果を出す際に重要になります。


なぜならば、身体の状態一つでパフォーマンスが変わるからです。
そして、身体の状態を整えるためには、自分の身体の状態に
敏感になっている必要があります。


そして、身体の感覚に敏感になって、何かいつもと違うなという時に、
気づくことのできることが重要です。そのために必要なものが、
NLPの身体感覚です。


では、NLPで学ぶ身体感覚とは、どのようなものでしょうか?
それは、身体で感じる力です。


例えば、


・違和感を感じる
・直感を受け取る
・身体のメッセージを聞く
・身体が感じていることに気づく


身体の場合は感覚ですので分かりにくいですが、
可能なものは言語化して、あとはそのままでも大丈夫です。


なぜならば、感覚だけでも、十分にメッセージとなることも多いからです。
ですので、日常的にNLPでいう身体感覚に意識を向けて、
今、どういう常態か?ということに気づくことがもっとも大切です。


あとは、できるだけ感覚を言語化して解釈することです。


すると、NLPの身体感覚は、磨きがかかります。
そして、さらに感覚が養われ、些細な違和感にも
気づくことがでできるようになります。


セルフイメージを高める工夫をしていく

Posted by serufu | テクニック | 水曜日 24 10月 2012 22:22



あなたのセルフイメージを高める工夫をしていきましょう。


NLPセミナーでは、セルフイメージが人生を変えていくと学びますが、
あなたのセルフイメージを高くするためにはどうしたらいいのでしょか?


実は、NLPセミナーで学ぶワークを使うことは、とても効果的です。
同時に、工夫次第でセルフイメージを高くすることができます。


具体的には、
セルフイメージの本質を押さえるのがベストです。


基本は、あなたの自己評価ですので、
心の深い部分の潜在意識が関係しています。


言い方を変えますと、NLPでいうビリーフです。


つまり、あなたのビリーフがセルフイメージに影響を与えている
ということです。


ですので、

・未解決のマイナスの感情やビリーフを解消する・癒す
・マイナスの感情・ビリーフを解消・癒すだけでセルフイメージは高まる
・環境に影響される万が多々ある
・体調や心の状態に大きく左右される


などです。


もちろん、それをもっと大きな視点で見ていくと、
NLPのセルフイメージは、どんな時でもコントロールしやすくなります。
つまり、揺るがない柔軟性のあるセルフイメージになります。


とは言いましても最初はセルフイメージを高めていける工夫が必要です。
そこでできることの一つをお伝えします。


それは、人に与える・人の自己重要感を満たすです。


あなたが、誰かに何かを与えた時、NLPでは自己重要感といいますが、
相手の心を満たしている時、あなたも満たされているはずです。
それは、あなたのセルフイメージを高めてくれます。


セルフイメージを高めて、日常的に良い予感を持つ

Posted by serufu | テクニック | 日曜日 26 8月 2012 22:22



もしも、日常的に良い予感を持つことができたとしたら、
あなたの人生はどうなりますか?


もしもあなたがスポーツマンでも、ビジネスマンでも、主婦の方でも、
学生さんでも、日常的に良い予感をもって、「自分にはできる」
「何だかできそう」「いいことがありそう」「何だか毎日が楽しい」
と思って過ごしているとしたら、いい結果がついてきます。


もちろん、行動は必要ですが、先ほどのような状態の時、
セルフイメージが高いからです。セルフイメージが高い人は、
セルフイメージが高くない方と比べると、幾つかの違いがあります。


ですので、NLPセミナーでは、セルフイメージを高める、書き換える、
マイナスにしているものを取り除くということを大切にしています。




ここでは、NLPのセルフイメージの高め方と言うよりも、
セルフイメージを高めることで、得られる違いのうちの2つに
目を向けてみましょう。

それは、今後のあなたの人生に役立つからです。


1、あなたの能力を通常以上に引き出せる・発揮できる
2、セルフイメージに相応しい結果が引き寄せられる


そして、セルフイメージを高めることで、次のことが起こります。
苦し時でも、最終的にはなんとかなる。

つまり、NLPセミナーでも学びますが、セルフイメージの高い方は、
苦しい時でも、「最終的にはなんとかなる」と心から思っているのです。


NLPセミナーでは、セルフイメージの高め方・書き換え方・
マイナスにしているものを取り除くということを学べます。
そこには、あなたの人生の新しい可能性を見出すきっかけもあるのです。


NLPを使っていい循環を作り出す

Posted by serufu | テクニック | 水曜日 27 6月 2012 22:22



望んでいる結果や記録を生み出しやすいように、
NLPを使って行きましょう。


その為に、NLPを使っていい循環を作り出しましょう、
では、どのようにNLPを使うことができるのでしょうか?


大きく2つの視点を持つことができます。


1、自分自身の中で循環を作り出す

2、人との関わりの中で、循環を作り出す


では、NLPを使っての具体的な循環の作り方について、
お伝えしていきます。




1、自分自身の中で循環を作り出す。


ここは、セルフイメージやビリーフ気分、自身などに関係してきます。
と、いいましたが、もっと分かりやすくお伝えしますと、
自分に対する信頼を持つことです。それは言動の一致であったり、
自分との約束を守るということです。


思いと行動、言葉と行動を一致させていくということが大切になります。
そして、仮に苦しい時でも、順調な時でも、自分を信頼している人には、
いい循環が生まれます。自分を信頼できているかどうかで、思考・行動
感情が変わるからです。




2、人との関わりの中で、循環を作り出す。


NLPで学ぶセルフイメージとは、人生に影響してきますが、
人との関わりとセルフイメージには大きく関係があります。


もしも、あなたが仕事でのセルフイメージを高めたいと
お考えだとしたら、仕事以外の面を高めることも効果的です。
あるいは、セルフイメージを低くしているものを
取り除くことも出来ます。


この時に、人間関係を充実させたり、問題や葛藤を
生み出している人間関係を改善することが、NLPでいう
セルフイメージを高め、気分や自信、思考や行動を変え、
いい循環を生み出すことにもつながります。


出来事の流れに目を向けてみる

Posted by serufu | テクニック | 水曜日 25 4月 2012 22:22



「出来事から学ぶ、その為に質問を活用する」


ということについて、前回お話しました。



今回は、出来事には意味があるという視点でのお話です。
前回の話と共通している部分は多々あります。


では、具体的な話に入りましょう。
NLPプラクティショナーでは、シンクロニシティということや、
出来事には意味があるなど、不思議な出会いや出来事流れについて、
引き寄せなどの様々なことについて学ぶいことができます。


実は出来事の意味を考える時に、2つの視点が必要です。


1、長期的な視点
2、中期的な視点
3、短期的な視点


いかがですか?


この時に、例えば仮に3年間について振り返るとします。
3年間の流れを見ながら、今起きている出来事の意味や
流れを考えてみます。すると・・・


つながっていることに気づくことがあります。
もちろん、3年分では気づかないこともあります。


しかし、6年や12年になるといかがでしょうか?


それぞれの時代を振り返り、その時の主な出来事や影響を
受けた人やな出来事、内容などを振り返ると、
「ああ~、あれがあったから今があるんだな」と気づいたりします。


何をお伝えしたいのかといいますと、出来事から学びつつ、
少し大きな流れで、捉えてみるということです。


NLPとは直接関係ないのですが、このような視点や発想は、
いろいろなことで大切にされています。


現在、過去、未来を見ていくことで、新しい角度から
出来事を解釈したり、流れや課題を見出すこともできます。
何かをお感じになりましたら、是非、お使い下さい。


出来事から学ぶには?

Posted by serufu | テクニック | 日曜日 26 2月 2012 22:22



NLPを学んで行くと、上手く行かなかった結果に対しての向き合い方が
人によっては、大きく変わり始めます。


具体的には「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」
というNLPの前提を通して学ぶことができるようになります。
ここに関しては、前回にお話ししました。


そして、その続きになりますが、具体的にはどのように、
うまくいかない結果や出来事から学んだいくことができるのでしょうか?
それは、質問をすることです。

もしも、あなたが最近のミスやうまくいかない出来事、
あすいは、過去のミスや上手く行かなかった出来事から、
消極的になっていたり、引きずっている点があるとしたら、
是非、次の質問を使い、さらに工夫してお使い下さい。

NLPでも学べる質問やそれ以外の質問も入れています。大事なのは質問すると、
脳が動き出して、ヒント、答え、気づきが生まれることです。
では、お伝えしていきます。

・この出来事から何を学ぶことができるのか?

・うまくいっている自分なら、どういう解釈をするだろうか?

・未来のうまくいっている自分につながっているとしたら、
 今ここでどうしたらいいのだろうか?どう向き合ったらいいのだろうか?

・この出来事の意味は何だろうか?

・何かプラスに転換できるものはないだろうか?

NLP資格のセミナーでは、「質問の質が人生の質を左右する」
という話もありますが、質問がどこに向いているのか?
具体的であるかどうかが大切です。

わざと曖昧な質問をすることもありますが、
うまくいかない出来事や結果に対しては、具体的にしていくことが大切になります。

NLPの「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」を活かすための話でした。


うまくいかなかった結果を生かしていますか?

Posted by serufu | NLP | 土曜日 24 12月 2011 22:22




今までに、上手くいかなかった結果や、
望んでいなかった結果に出会った時、どうしていましたか?


NLPの前提の「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」について
ご紹介していきます。


実は、結果を出し続けている方達は、
上手くいかなかった結果を活かして、新しいリソースにしています。


リソースとは、皆さん自身の武器であり、資質です。


例えば、コミュニケーションを例にとると分かりやすいです。
NLP資格のセミナーでコミュニケーションを学んだ方が、
コミュニケーション能力を向上させていくのには、
実は理由雨があります。


その理由とは、上手くいかないやり方も学んでいるからです。
そして、コミュニケーションで失敗したと思っても、
そこから学ぶことができるからです。


仮に、コミュニケーションを取っていて、
相手を怒らせてしまったとします。


当然ですが、どうして怒らせてしまったのか?
ということを真剣に考えて、そこから学ぶと思います。


それを行なっていきます。


日常的に、コミュニケーションにおいてだけでなく、
全てにおいて、学びます。


それが失敗や出来事から学ぶということです。


先ほどの例であれば、
振り返った時、相手を怒らせてしまったのは、
相手の話を遮ったり、反論して否定ばかりしていたからだ。


という理由が考えることができます。
他にもあります。


そして、理由が分かることで、
コミュニケーションでやってはいけないこととして、
知識や知恵が増えたわけです。


それは、今後のコミュニケーションに関してのリソースです。
NLPの前提には「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」は、
このような思考を教えてくれています。


そして、コミュニケーションで言えば、
皆さんのコミュニケーション能力を向上させてくれるのです。


小さくても大きな一歩

Posted by serufu | テクニック | 土曜日 19 11月 2011 22:22




小さな一歩でも、大きな意味を持つ一歩


それがはじめの一歩でです。


NLPプラクティショナーを学んで行くと、
8フレームアウトカムの中で、はじめの一歩を学びます。


はじめの一歩を学ぶことで、行動することに
躊躇しがちな方が、少しづつ、自分なりの一歩を
積み重ねていくことができるようになります。


それは、前回のスモールステップでもお話させて頂きましたが、
その中でも大きな意味を持つのが「はじめの一歩」です。


何でも始まりがあります。


この始まりが大切です。
始まりにおいて、一歩を踏み出した方は、
意外といけるものだと思います。


仮に、不安や恐れで今までは行動に躊躇があった方でもです。


つまり、NLPのはじめの一歩は、
行動をはじめてしまうと2歩目や3歩目は、
はじめの一歩よりは行動しやすくなります。


それは精神的な話です。


多くの場合、精神的な面でのプレッシャーや恐れが
行動を躊躇させていることがほとんどです。


しかし、不安や恐れのほとんどが、行動をしてみると
意外と乗り越えられることを私たちは知ることができます。


こうした経験の積み重ねは、NLPでいうビリーフを
高めることにつながっていきます。


・行動してみなければわかならい
・行動してみると意外と出来る


今までは、不安や恐れの中で過ごしていたとしても、
期待や可能性に焦点を当てることができるようになります。


NLPを福岡で学んだ女性は、、
苦手なことに対して、はじめの一歩を踏み出したことで、
大きく自信をつけることができたそうです。


では、はじめの一歩を踏み出すための質問をご紹介させて頂きます。


「今からできるはじめの一歩は何ですか?」


まずは、一歩を踏み出す事で、
目の前の世界は大きく変わります。


行動を細分化するメリット

Posted by serufu | テクニック | 金曜日 21 10月 2011 22:22




NLPプラクティショナーで学ぶ
「スモールステップ」をご存知でしょうか?


このNLPのスモールステップとは、
例えば大きなステーキを食べる時に、女性なら特に
大きくて一度には食べることが出来ません。


そんな時はどうしていますか?


そんな時は当たり前ですが、
食べることの出来るサイズに切り分けて
食べていきますよね。


NLPプラクティショナーで学ぶ
スモールステップとは、目標に対する行動で、
それを行ないます。


スポーツでも、恋愛でも、仕事でも何でもそうですが、
私たちが、何かに対して、こうなりたいと考えた時に、
このような行動の細分化は武器になります。


NLPを名古屋で学んだ美容室の経営者さんがいます。
彼女が仕事を覚えていく中で使っていたのは、
一連の接客の基本を細分化したことです。


細分化していき、
自分の中の心理的なハードルを下げました。


私たちは、目の前の欲しい結果が大きく見える時、
必要以上にプレッシャーを感じて、諦めたり、
不安や恐れを感じたりします。


ですから、まずは心理的なハードルを下げるために、
自分でも出来るというレベルまで細分化していきます。


この時に、NLPのスモールステップでは、
心理的なハードルを下げる以外に、
もう一つの利点があります。


なんだと思いますか?


それは、NLPのスモールステップで
細分化することで、自分が目標に対して
やるべきことが明確になります。


ここは大切です。


明確になることで行動しやすくなりますし、
目標達成までの具体的なステップを
一つづつクリアしていけばいいのです。


つまり、思考も感情も行動もシンプルになってきます。


コツコツと積み重ねる

Posted by serufu | NLP | 月曜日 19 9月 2011 22:22




小さい頃、次のような言葉を聞いたことはありませんか?
多くの方が両親から言われた経験があるのではないでしょうか?


もしなくても言わんとしていることは、
感覚として持っていると思います。


その言葉とは、
「小さいことでもコツコツとやっている人間が成功する」


この言葉には賛否両論を唱える方もいらっしゃると思いますし、
「そうだよな」と考える方もいらっしゃる方も少なくありません。


今回は、この言葉にどうのこうのという話しではありません。
コツコツと積み重ねた時の効果や自分の中の変化や結果についてです。


NLPを福岡で学んだ男性は言いました。
「大人になってからの方が、罪か姉が楽しい」


それは、目に見えた結果を目指せるというのもありますが、
もう一つの理由はこうです。


NLP心理学のセミナーで学ぶようなワークやテクニックで例えるなら、
どれも自分の人生に向きあうものや、対人関係で使える実践的な
コミュニケーションのテクニックだったリします。


ですので、一日1時間もしなくても大丈夫で、
10分から30分の時間を使って、毎日1つNLPのワークを
やってみたり、テクニックを練習したりする。


それがおの凄く大きな違いを生み出します。
福岡の男性はやりがいを感じています。


例えば、NLP資格のセミナーで学ぶ内容ですが、
毎日やるワークでもありません。


しかし、毎日やることで効果は大きいです。
ですから自分のテーマに合わせて1日1つ行ってみることも
自分の願望実現に役立てるコツとも言えそうです。


次ページへ »